30代、お肌の曲がり角の2回目!

 

お肌の曲がり角1回目の28歳でシミが気になりはじめ、

 

2回目の35歳で、シミ&クスミ&たるみ&ほうれい線と一気に悩みが増えてきます。

 

そして3回目の49歳、最後の曲がり角を迎えることで

 

シミ・たるみ・ハリ不足・こじわ・化粧のノリが悪くなる・・・
などお肌の悩みのピークに達します。

 

 

今回は「お肌にハリがない・・・」という40代のあなたのために、
おすすめのハリ対策をご紹介します

 

ハリ対策は何がある?

 

 

女性ホルモンをアップ

 

30代の中盤〜女性ホルモンがどんどん低下してくるため、
目や口回りにシワが気になり始めます。

 

【対策】
@岩盤浴などで体を温める

 

Aジョギングなど運動をこまめにする

 

B大豆イソフラボンが含む食品を取る
豆腐・納豆・豆乳など

 

B恋愛をする(※独身の方限定^^;)

 

化粧品で対策!

 

ディセンシアの”アヤナス”はお肌の老化、たるみ、シワ、ほうれい線が気になるためのコスメです。

 

トライアルキットが1480円なので、気軽に試せます。

 

>>アヤナス

 

※ディセンシアは敏感肌向けの化粧品のメーカーです。

 

美顔器で対策!

 

エステナードソニックROSE

 

 

定期:980円(※13回以上継続)

価格 一括:34,952円(※ジェル12本まとめ買い)
種類 高周波・イオン
特徴
  • 毛穴の汚れをイオンの力でクレンジング
  • ガサガサな頬におすすめ
  • 30日間の返金保証あり

 

エステナードソニックは84万台突破!と2008年から売れ続けているロングラン商品です。

 

毛穴対策におすすめ・・・ですが、いきなり数万円も出せない・・・

 

という方は980円から始められる、定期コースがおすすめです。

 

30日間全額返金保証制度があるため、お肌に合わない場合でも安心です。

 

【エステナードソニックROSE 公式サイト】

 

 

 

お肌・美容のお悩みQ&A

 

お肌に悩みがある女性

 

顔にしわ・しみができる原因は?

 

年齢とともに肌にはさまざまな年齢のサインが出てきます。しわ、しみもその一つです。ちなみに顔にしわやしみができてしまう原因はコラーゲンの減少が主です。

 

コラーゲンはお肌の細胞同士をつなぎとめている役割がありますので、コラーゲンが減少することによって、肌の保水力が低下してしまいます。

 

それによって化粧水を付けても浸透しづらくなり、乾燥しやすくなります。乾燥すれば笑った時や表情を変えたときにしわがよりやすくなります。目もとや口元は特にできやすい状態となります。

 

また、コラーゲンの減少はお肌のバリア機能の低下にも影響があり、紫外線の影響を受けやすくなります。

 

紫外線を浴びることでメラニン色素が増えてしまいますのでこれも原因とされています。

 

またターンオーバーの働きが低下してしまうことで、お肌の新陳代謝も悪くなりますので、新しい皮膚に生まれ変わりづらくなり、メラニン色素が排出されづらい状態になってしまうことで、しみができやすくなってしまいます。

 

このように、コラーゲンの減少やターンオーバーの崩れが主な原因です。対策としてはコラーゲンを補うこと、さらに保湿と美白ケアを行っていくことが求められます。

 

アンチエイジングの方法としておすすめです。

 

顔にハリがない!その原因を解説!

 

ふと鏡に目を向けると、「顔のハリがない」ことにドキッとしたことがあるならば、そのまま放置は危険です。

 

一日の終わりなら「疲れているから」と取り合うこともなく、お風呂上がりには見分けるのも難しいもの。また、比較的分かりやすい朝でも「寝起きだからこんなもの」と軽視しがちですが、顔色と同様にハリの有無も健康状態を見分けるちょっとしたサインです。

 

原因は実に様々ですが、慢性的な寝不足や肌の手入れをしているわりに保湿が足りていなかったりということはよくあります。

 

また、日焼け後の肌をそのままにしておくのも同じです。保湿は乾燥時だけでなく、
一年を通して肌のコンディションを整えていく必要があり、一旦ハリがない状態になると一夜にして回復するものではなく、健康な状態に戻すのには時間がかかってしまいます。

 

さらに、その他にも内面的要因があるかもしれません。過度なダイエットで栄養バランスが偏ってしまえば顔にもすぐに表れます。

 

ダイエットだけでなく、外食続きで必要な栄養分が不足したままになっても同じことです。単発的にサプリメントを摂取しても残念ながらすぐに効果が出るものではありません。

 

また、食事はしっかりしていても、極度の精神的なストレスがあるなど自身があまり気づいていないところにも原因が潜んでいることもよくあります。

 

顔のたるみ・ほうれい線ができる原因は?

 

顔のたるみやほうれい線が気になっている女性も多いでしょう。

 

顔というのは人に見られやすい部分ですし、深刻な悩みになってしまうこともあります。そこでたるみやほうれい線の原因に合わせたケアを行うと良いでしょう。

 

肌トラブルは女性にとって気になるものですし、化粧品によるケアやマッサージなどで解消しようとしている人も多いでしょう。

 

しかし、年齢を重ねるごとに顔の筋肉や脂肪は自然に減少すると言われています。

 

この筋肉の衰えや脂肪の減少により、ハリのないたるんだ顔になってしまうということです。

 

年齢を重ねるごとに肌がたるんでしまうのは仕方ないことです。しかし、早いうちから対策を行っていくことにより、たるみやほうれい線ができるのを遅らせることはできます。

 

20代のうちはあまり肌の状態を気にしていないかもしれません。しかし、早めにケアしていかないとどんどん老化が進んでしまうのです。

 

顔のたるみやほうれい線は筋肉の衰えによってできてしまうことが多いです。筋肉というのは使っていないと細く薄くなってしまいます。

 

それによってたるみやほうれい線ができやすくなってしまうのです。原因となる筋肉の衰えを解消したいという場合、筋肉を鍛えることがポイントです。

 

女性必見!顔が老けて見える原因は?

 

女性の顔が老けて見える特徴はしわやたるみ、ほうれい線などが挙げられます。

 

これらの女性の顔が老けて見える原因を作り出すのは「肌の乾燥」だといわれています。若い世代のしわやたるみ、ほうれい線の原因はほとんどが肌の乾燥によるものであり、皮膚の浅い部分で一時的に起こっている場合が多いです。

 

一方、30代以降では年齢も関係してきますので、一度顔が老けて見えるようになると改善が難しくなることもあり、予防に力を入れることが大切となります。

 

また、乾燥が原因で女性の顔が老けて見える理由は、肌の水分量が減ることで光が当たった時の肌の反射が減るためツヤがなくなり、くすみがちな印象を与えてしまうためです。

 

乾燥肌は肌の新陳代謝にも影響を及ぼすため、古い角質がはがれずにいつまでもある状態になりゴワゴワした肌となってしまいます。

 

 

肌が乾燥してしまう原因のひとつは、肌にあるセラミドという保湿成分の不足です。セラミドは肌の奥にあり潤いを守っている細胞間脂質のひとつで、肌の細胞と細胞の間を埋めている成分です。

 

セラミドで満たされた肌はぷるぷるとして若々しい印象になりますので、十分な量があれば老けて見えるということはありません。

 

セラミドは毎日のスキンケア次第で増えることも減ってしまうこともありますので、セラミド配合化粧水などを使って不足している分を補う必要があります。

 

 

オールインワン化粧品のメリット・デメリット

オールインワン化粧品は、名称通り本来であれば複数の化粧品を使い分けなければならないところをたった一つで賄うというアイテムなので、
1年間を通して考えてみると適当ではないと感じられる季節があります。

 

つまり、細かく使い分けをしているのなら皮脂量が増加する夏になれば、油分が多いアイテムの量を減らしたり暫くの間使用しないといった臨機応変な対応が可能になるものの、
オールインワン化粧品では否が応でも油分を表皮に塗布する事になるので、オイリー肌をエスカレートさせてしまうというデメリットがあります。

 

そのため肌トラブルを自らが誘発する形になりますし、肌に触れた時のベタつきが気になったり化粧崩れがしやすくなります。

 

オールインワン化粧品はこうした注意点がある一方で、使用者が増加傾向にあるのはやはりデメリットを上回る程のメリットを有しているためであり、
中でもオールインワン化粧品なら根本的に肌への負担が減らせるという利点があります。

 

実は良かれと思って行っているスキンケアというのは、元来素肌には存在していない成分を次々と乗せて浸透させていくという事なので、それ自体が負担になってしまいます。

 

そのためオールインワン化粧品で物理的に塗布する物を減らして手早くすると、念入りに時間をかけていた時より肌質が良くなるというメリットがあります。

 

目の下にクマができる原因は?

睡眠不足や疲労の蓄積により現れる目の下のクマは、ますます疲れて見えるばかりか老け顔を作ってしまうため悩みの種になりがちです。
早めに解消することが大切ですが、実はクマと一口に言ってもいくつか種類があり、それぞれ原因も異なることに気をつけましょう。

 

日々忙しい生活を送っている方に多く見られるタイプとして青クマが挙げられます。目の周りの皮膚は薄いため、血行不良になると血管の色が透けてしまい青く見えます。

 

これがクマの正体であり、睡眠不足やストレスをはじめ疲労、冷えなどが原因です。
また目の下がくすんで茶色になっているものは茶クマと呼ばれ、色素沈着によって引き起こされます。

 

通常のシミと同じように紫外線のダメージや摩擦が主な原因となるため、日焼けはもちろんのこと強い力でマッサージし過ぎたり、ごしごしと擦ったりしないように注意しましょう。

 

その他にも、老化によって目立ちやすくなる黒クマも存在します。目の下の皮膚がたるんで影を作ってしまうことが原因ですが、脂肪の量によっては若い方でもできる場合があります。

 

この通り一見同じように見えるクマにも様々な原因があるので、対処法を間違えるとなかなか解消しないことも珍しくありません。

 

場合によっては病気の兆候である可能性もあるため、心配であれば医療機関を受診するのも手です。